最終更新日:1970/01/01 09:00
フェスティカサーキット栃木

速報(アンオフィシャル)
Facebook
協力:FA-KART RACING TEAM
はじめての方へ

 初めてレンタルカートに乗る方へ。 


 レンタルカートは身近に体験できるモータースポーツでもありますが
一歩間違えれば危険なスポーツでもあります。



 当コースのレンタルカートは、最高速50㎞/h~60㎞/h(一般)のスピードが実際に出るため、『正しいカート走行の方法①~③』を読んで、十分理解してからコースインしましょう。



皆さんがレンタルカートに乗って、気持ちよくサーキットを走行していただきたいので以下の項目を必ず守るようにお願いします。


 ひとりでも多くの方へ、モータースポーツを体験して
                  楽しんで頂くことが、私達の努めであり願いです。




                       フェスティカサーキット スタッフ一同


 ご利用にあたり


レンタルカートに初めて乗る方へのアドバイス

~レンタルカートに楽しく乗るために~


一、服装は長ソデ長ズボン を着用してください。

二、正しくカートに乗り込んでください。

三、ピット(イン&アウト)は手をあげてください。

四、走行ラインはアウト・イン・アウトが基本です。

五、マナー・モラルをもって走行してください。

六、わからない事があれば、恥ずかしがらず スタッフにお尋ねください。



trainig run


trainig run


trainig run



番外編



ドライビングアドバイス

・  シートとハンドルは走行中(ストレート以外)しっかりとホールドしましょう。

・  急加速、急ハンドル、急ブレーキは、運転に慣れていない時点では厳禁です。

・  ストレートではアクセルをしっかり踏み込んでスピードを体感しましょう。

・  コーナー進入の際はブレーキを使用します。(特に2,5,9,11コーナー)

・  ハンドルは、9時15分の位置を持ちます。
     コーナリング中ステアリングを持ち替えないでください。

・  慣れない内は走行中にリラックス(力まない)する事を心がけましょう。
     コースアウトの原因になりやすいです。



失敗例

・  乗車の際、シートに足を乗せず、フレームに足が挟まる。

・  コーナーの進入ではアクセルを抜くか、ブレーキを踏みましょう。
     アクセル全開のままですとコースアウトしてしまいます。

・  5コーナーはしっかりとブレーキを踏んで、減速してください。

・  スピンした場合、カートからは絶対に降りないでください。
     慌てずに、後続車などし安全を確認してから、コースに復帰してください。

・  チェッカーを受けたらコースを1周し、ピットインしてください。
     決してコースを逆走してピットインしないでください。





 はやる気持ちを抑えて、もう一度読んでイメージトレーニング(^^;
                          ..... さぁ、コースインへ。

ご理解、ご熟読ありがとうございます!