滝沢カレンの母親は宮沢さゆり&癌でなくなったのは何歳?顔画像が似てる?

モデル・タレントとして大活躍の滝沢カレンさんの母親はどんな方なのでしょう?

調べたところ、滝沢カレンさんの母親・宮沢さゆりさんはとてもスゴイ経歴をお持ちでした!

宮沢さゆりさんがどんな方で、癌でお亡くなりになったのはいつなのかご案内します。

滝沢カレンさんと宮沢さゆりさんが似ているかも画像で見比べてみましょう!

滝沢カレンの母親は宮沢さゆり!すごい経歴

滝沢カレンと母親の宮沢さゆり
引用元:Twitter

滝沢カレンさんの母親は宮沢さゆりさんです。

  • 名前:宮沢さゆり
  • 出身地:埼玉県
  • 生年月日:1962年生まれ
  • 職業:ロシア語通訳者・バレエ教室経営

宮沢さゆりさんは30歳の時に、娘の滝沢カレンさんを出産しました。

滝沢カレンさんに兄弟はいないため、宮沢さゆりさんの子供は滝沢カレンさん1人です。

そして、宮沢さゆりさんは、娘にも負けないほどスゴイ経歴をお持ちでした!

滝沢カレンさんの母親・宮沢さゆりさんについて、詳しく解説していきます!

滝沢カレンの母親・宮沢さゆりは元バレリーナ!

滝沢カレンの母親の宮沢さゆり
引用元:Facebook

滝沢カレンさんの母親の宮沢さゆりさんは元バレリーナです!

東京都港区でバレエスタジオ「リビーナ」を経営し、バレエの教本の翻訳なども行っています。

宮沢さゆりさんがバレエに興味を持ったのは幼少の頃。

バレエを習うことに対してご両親の反対もありましたが、お小遣いを貯めてこっそりバレエ教室に通ったそうです!

そんな中、宮沢さゆりさんは本場ロシアの「ボリジョイバレエ団」の公演を見て大きな衝撃を受け、「ロシア語を習いたい!」と決意。

ご両親からは、バレエかロシア語どちらか1つと言われ、ロシア語の習得を選んだそうです。

滝沢カレンの母親・宮沢さゆりはロシア留学しロシア語が堪能!

モスクワ

宮沢さゆりさんは高校卒業までは独学でロシア語を学び、高校卒業後はバイトで貯めたお金でロシア留学をします。

宮沢さゆりさんは

  • 日ソ学院(東京のロシア語専門学校)
  • プーシキン記念ロシア語学校(モスクワの大学)19歳~21歳

でロシア語を学びました。

MEMO
プーシキン記念ロシア語学校は、当時ソ連だったロシアで唯一外国人がロシア語を学べる大学でした。

ロシア語はとても難しいと言われる言語ですが、宮沢さゆりさんはとても情熱をもって学んでいたのですね。

ただ、留学中は授業よりもバレエの観劇に夢中で、バレエダンサーの楽屋に行って話しかけるなど、かなり積極的に動いていたそうです(笑)

すごい行動力です!

滝沢カレンの母親・宮沢さゆりはロシア語の通訳者&バレエ教室経営者!

宮沢さゆりさんは日本に帰国後、ロシア語の通訳の仕事をします。

バレエダンサーの通訳をする機会も多く、本場のバレエ指導を間近で学ぶことができたそうです。

そして本場ロシアのバレエ指導を広めるため、学んだことを訳した教本を作りました。

滝沢カレンの母親宮沢さゆりの訳したバレエ教本
引用元:Amazon

その後は宮沢さゆりさんご自身でバレエスタジオ「リビーナ」を設立!

教室名バレエスタジオ リビーナ
住所港区北青山3-5-25 表参道ビル 5F
料金入会費 ¥20,000- レッスン料¥3,500~
クラス11クラス 初心者~指導者向けまで様々
講師10人 ロシア・ベラルーシ・日本のダンサー

なんと日本最高峰の芸術劇場・新国立劇場の通訳として働いたこともあり、その時に交流のあった一流ダンサーたちが、宮沢さゆりさんのバレエスタジオで教えたいと言ってくれたそうです。

そうしてたくさんのダンサーを講師に迎え、本格ロシアバレエを学ぶ場を作ることができました。

宮沢さゆりさんは本当にバレエが好きだったんですね。

宮沢さゆりは滝沢カレンにもバレエを習わせていた!

幼少期の滝沢カレン
引用元:Twitter

宮沢さゆりさんは、娘をバレリーナにするためバレエ教室に通わせています。

滝沢カレンさんは3か所の教室に通い、レッスンは週6日10年間バレエをしていました。

小学生ながら毎週整体に通い、背を伸ばすために足を引っ張ったそうです。

足って引っ張ったら伸びるんですね。(笑)

滝沢カレンさんのスタイルの良さは、バレエのおかげでしょう。

滝沢カレンさんのバレエの経験は、バラエティー番組でも大活躍で「行列のできる法律相談所」では倖田來未さんのバックダンサーをしたり、「ガキの使いやあらへんで」でパフォーマンスをしたりしています!

バレエ歴10年の身のこなしはさすがですね!

宮沢さゆりが滝沢カレンを通わせたバレエ教室は?

滝沢カレンの通っていた内藤瑠美バレエスタジオ
引用元:内藤瑠美バレエスタジオ

滝沢カレンさんが通っていたバレエ教室の一つは、「内藤瑠美バレエスタジオ」です!

宮沢さゆりさんの「リビーナ」と同じ、ワガノワ教授法を採用したバレエ教室です。

MEMO
ワガノワ教授法は、ロシアの名門バレエ学校のメソッド。繊細で華やかな動きが特徴。

教室名内藤瑠美バレエスタジオ
住所東京都板橋区常盤台1丁目39-5
料金入会費 ¥15,000.- レッスン料¥7,000~
レッスン日火曜・水曜・土曜・日曜
年齢3歳~成人

宮沢さゆりの夫&滝沢カレンの父親はウクライナ人

幼少期の滝沢カレンと母親の宮沢さゆり
引用元:Twitter

滝沢カレンさんの父親も誰か気になりますよね。

滝沢カレンさんの父親・宮沢さゆりさんの(元)夫はウクライナ人の方です。

MEMO
滝沢カレンさんは日本とウクライナのミックス

宮沢さゆりさんとウクライナ人の夫は、滝沢カレンさんが生まれる前に離婚をしています。

離婚の原因は、宮沢さゆりさんの妊娠中に夫が浮気をした、というかなりヘビーなものでした。

そのため、滝沢カレンさんは父親に1度も会ったことがなくこれからも会うことはないと言っています。

滝沢カレンの母親の性格は?

引用元:Facebook

宮沢さゆりさんのはどんな性格だったのでしょう。

まずは、バレエに対する熱い思いですよね。

宮沢さゆりさんは1つのことに対して、一途に情熱を注げる、パッションのある人だと思います!

ロシアに単身留学したことから、かなり根性もあると分かります。

滝沢カレンさんもJJのモデル時代、自分だけ撮影が減ったという悔しい出来事があったそうですが、編集部に直接理由を聞いて、自身のスタイルを一新。

見事表紙を飾ることができました。

滝沢カレンさんの根性はお母さん譲りかもしれませんね。

それ以外には

  • 旅好き
  • 外食好き
  • ウクライナ人好き!?(元夫以外にもウクライナ人の恋人がいたそうです)

という面があります!

滝沢カレンの母親が癌で亡くなったのは56歳のとき

滝沢カレン
引用元:マイナビニュース

滝沢カレンさんの母親・宮沢さゆりさんは、2018年7月に56歳でお亡くなりになりました。

宮沢さゆりさんの亡くなった原因は癌です。

宮沢さゆりさんは病院が苦手で、癌と分かったのは亡くなる1年ほど前でした。

滝沢カレンの母親・宮沢さゆりは何癌で亡くなった?

癌の母親を励ますイメージ図

宮沢さゆりさんが癌を患っていることが分かったときには、すでに末期でした。

宮沢さゆりさんが何ガンだったかは公表されていません。

しかし、末期になるまで症状が出なかったのだとすれば、すい臓ガンや食道ガンといった自覚症状がほとんどないと言われているものだったのかもしれませんね。

滝沢カレンさんはずっと、宮沢さゆりさんの身体を心配しており、癌と分かった時にも

あれだけ病院に行ったほうがいいって言っていたのに

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08270557/?all=1&page=2

と悲しい思いを吐露していたそうです。

宮沢さゆりさんのお葬式では娘の滝沢カレンさんが喪主を務め、

またママの子で生まれてきたいからね

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/08270557/?all=1&page=2

と涙を流したそうです。

宮沢さゆりさんがお亡くなりになった時の滝沢カレンさんは26歳。

母親を亡くすには早すぎますよね。

さらにこの時期の滝沢カレンさんは、今と同様に多くの番組に出演していました。

しかし滝沢カレンさんは仕事に穴をあけることはなく気丈に振舞っていたそうです。

辛い思いを抱えながらも、いつも通りの明るく愉快な姿を見せてくれていたのですね。

滝沢カレンから母親への素敵なコメント

滝沢カレン
引用元:滝沢カレンInstagram

そして、2022年5月に30歳の誕生日を迎えた滝沢カレンさんはこんな素敵なコメントを残しています。

生まれて一番初めにもらった母親からの誕生日プレゼント、それが自分でした☺️

https://www.instagram.com/p/Cdfxybwvyiy/?hl=ja

滝沢カレンさんがお母さんを大切に思う気持ちがすごく伝わってきます。

ちなみに、滝沢カレンさんといえばユニークな言葉選びですよね。

その原因は宮沢さゆりさんの仕事の関係上、カタコトの日本語を話すロシア人との交流が多かったためその影響を受けたのではないかと、滝沢カレンさんは言っています。

滝沢カレンと母親の宮沢さゆりの親子仲は良い!

滝沢カレンと母親の宮沢さゆり
引用元:Twitter

宮沢さゆりさんと滝沢カレンさんは親子2人の家族でとても仲が良かったそうです。

仲良し親子として

  • 踊るさんま御殿
  • 金スマ
  • メレンゲの気持ち

などの番組に親子で出演することも。

滝沢カレンさんは宮沢さゆりさんに、「ママで良かった」と思う一方で、「こんなに近くにいるのに全くつかめない、ママは一番不思議な人」と思っているようです。

滝沢カレンさんもかなりユニークな人だと思うので、滝沢カレン親子はとってもおもしろい2人なのでしょうね。

滝沢カレンと宮沢さゆりの親子エピソード|母親へのプレゼント

そして、宮沢さゆりさんの癌が分かってから、滝沢カレンさんはお母さんとの残された時間にたくさんの思い出を残せるよう、なるべく長い時間を一緒に過ごしたそうです。

宮沢さゆりさんの誕生日には旅をプレゼントしました。

この投稿は2018年6月のものなので、宮沢さゆりさんが亡くなる直前です。

南国の雰囲気なので沖縄、海外ならバリ島あたりでしょうか。

滝沢カレンさん曰く、宮沢さゆりさんに贈ったプレゼントは”気に入ってもらいにくい”そうですが、この親子水入らずの旅はきっと気に入ってくれたと思います!

【顔画像】滝沢カレンと母親の宮沢さゆりは似てる!

滝沢カレンさんはモデルとしても大活躍でとてもキレイなお顔立ちですよね。

母親の宮沢さゆりさんとも似ているので2人の顔を見比べてみましょう!

若いころの宮沢さゆりさんです。(写真左)

とってもきれいな方ですね。

滝沢カレンの母親宮沢さゆり
引用元:Facebook

そして滝沢カレンさん。

滝沢カレン

2人とも目力がありますね

滝沢カレンさんの方がよりはっきりとして、オリエンタルな雰囲気がありますが、目元や口元はそっくりです!

【顔画像】滝沢カレンと祖母も似ている!

ちなみに、滝沢カレンさんと祖母(宮沢さゆりさんの母親)も似ていたのでご紹介します!

写真左が祖母です。

滝沢カレンと祖母・祖父
引用元:Facebook

赤ちゃんの頃の滝沢カレンさん、可愛すぎますね。

滝沢カレン
引用元:滝沢カレンInstagram

滝沢カレンさんの祖母(宮沢さゆりさんの母親)もとってもきれいな方ですね。

特に目がとても華やかで似ています!

滝沢カレンさんはハーフなので目鼻立ちがハッキリしているのかと思っていましたが、お母さんにもおばあさんにも似ていましたね。

実は滝沢カレンさんは、仕事が忙しい母親の宮沢さゆりさんに代わって、祖母に育てられました。

礼儀や作法にとても厳しいおばあさんで、滝沢カレンさんの芸能活動にも反対していましたが、こっそり出演番組をチェックされていたそうですよ。

滝沢カレンのプロフィールと母親の宮沢さゆりについてまとめ

滝沢カレン
引用元:滝沢カレンInstagram
  • 名前:滝沢カレン(たきざわかれん)
  • 生年月日:1992年5月13日
  • 出身:東京都
  • 身長:170㎝
  • 職業:モデル・タレント
  • 事務所:スターダストプロモーション

滝沢カレンさんの母親は宮沢さゆりさんです。

滝沢カレンの本名は「宮沢まりな」だけどハーフ!芸名を使った理由は?

宮沢さゆりさんは

  • 元バレリーナ
  • ロシア語を学ぶためロシアに留学
  • 帰国後はロシア語の通訳者として活躍
  • バレエスタジオを開設

という経歴をお持ちで、バレエに熱い気持ちを注いでいました。

そして、宮沢さゆりさんが30歳の時に滝沢カレンさんを出産。

しかし、ウクライナ人の夫とは滝沢カレンさんが生まれる前に離婚をしています。

宮沢さゆりさんは56歳の時に癌で亡くなりましたが、滝沢カレンさんとはとても仲の良い親子で、今でもお母さんのことを大切に思っていることが分かります。

滝沢カレンさんと宮沢さゆりさんは2人ともキレイな方で特に目元・口元が似ていましたね!

滝沢カレンさんを育てた祖母(宮沢さゆりさんの母親)と、滝沢カレンさんも目元がそっくりでした。

最近では、滝沢カレンさんが結婚を発表しました。

滝沢カレンの旦那は太田光る!馴れ初めは?元モデル&イケメンハーフ社長!

ますますの活躍が楽しみですね!

error: Content is protected !!