じゅんやって誰?最速でヒカキンより人気になったyoutuberを解説!

じゅんやって誰?何者なの?

ヒカキンなら知ってるけど、「じゅんや」なんて言うYouTuberはよく知らないと言う人も多いようです。

実は、今ヒカキンよりも人気のYouTuberでTikTokerでもあるじゅんや。

ヒカキンを超えたのは最速といえるほど、今ものすごい勢いで人気急上昇中のYouTuber「じゅんや」!

ということで、「じゅんやって誰?何者?」という疑問を解決するために、じゅんやについて解説していきます。

じゅんやって誰?答えはYoutuber&TikToker!

じゅんやって誰?

じゅんやは、こんな顔のYouTuber&TikTokerです。

じゅんやはTikTokerでヒカキン超えのYouTuber

じゅんやはもともとTikTokerで、2020年からYouTubeを始めました。

2022年1月現在、

  • YouTubeの登録者数→1220万人超え(日本一!)
  • TikTokのフォロワー→4000万人超え(日本一!)

という破壊力です!

じゅんやはもともと、2018年にTikTokを開設して有名になっています。

その後、2020年9月14日にYouTubeチャンネルを開設。

YouTubeといえばヒカキンが有名ですが、ヒカキンの現在の登録者数は1040万人。

じゅんやはヒカキンの登録者数を2021年10月に超えて、現在1220万人と日本一です!

ほんの1年でヒカキンのチェンネル登録者数を超えるという、かなりの最速男です。

じゅんやの年齢や本名は?

じゅんやは2022年1月現在、27歳です。

じゅんやはTikTokerでヒカキン超えのYouTuber

最近の動画ではまともに喋り声も聞けないので、年齢不詳ですよね。

  • 名前:じゅんや(Junya)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 生年月日:1994年11月28日
  • 事務所:Collab Asia

じゅんやという名前で活動していますが、本名は公開していないようです。

「村田純也」という噂がありますが、情報のソースが曖昧なので実際の本名ではない可能性が高そうです。

じゅんやの学歴は?

じゅんやの学歴情報は公表されていませんが、2018年にTikTokを開設してから2年でフォロワー数日本一になっています。

じゅんやとは、日本で初めてそして唯一TikTokのフォロワー数が1,000万人を超え、最近はYouTubeチャンネルも開設、TikTokで投稿した動画のまとめ動画を投稿し、こちらも破竹の勢いで再生数と登録者を伸ばしている、注目のクリエイターです。

引用元:PR Times 2020年11月4日

ということは、投稿の方向性などを見定めるのがかなり上手く、地頭が良いと考えられますよね。

実はすごく勉強ができて、大学やまさかの大学院まで出た可能性もありますかね!

TikTokを始めたのが23、24歳あたりなので、大学を出た後とも考えられます。

じゅんやの声

じゅんやの投稿は、地声で話しているものがあまりなく、謎の音楽を歌ったり声をかえてしゃべったりしていますよね。

でも実は、以前の投稿でじゅんやは普通に話していました。

声を聞いてみると、普通の関西人といった感じがしますよね。

最近のTikTok投稿からはあまり想像ができません…!

ネタの内容も、以前は一人コントみたいな感じだったようです。

じゅんやはジャスティンビーバーを超える男?

じゅんやのYouTubeの概要欄やインスタグラムのプロフィールには、

じゅんやはTikTokerでヒカキン超えのYouTuber
『A man beyond Justin Bieber』ジャスティンビーバーを超える男

と書いてあります。

ジャスティンビーバーといえば、世界的に有名なアーティストで、日本の「ピコ太朗」を発掘した人としても有名ですよね。

ジャスティンビーバーにアピール?

いや、それよりも単純に、ジャスティンビーバーのYouTube登録者数を超えようとしているのかもしれませんね!

じゅんやが超えようとしているジャスティンビーバー

2022年1月現在、ジャスティンビーバーのYouTube登録者数は6690万人です。

あと残り5540万人のじゅんや、がんばってください!

じゅんやって何者?ヒカキンより人気の理由を解説

じゅんやってヒカキンよりも登録者数が多くて人気者って、何者なのよ?

その秘密を開設していきます。

じゅんやが人気の理由①海外へ向けて発信

じゅんやが人気の理由は、圧倒的に海外ファンが多いということです。

海外に向けて発信しているので、最近の投稿ではあまり言葉を発しずに効果音や歌、英語のカウントを使って動画投稿をしています。

言語なしでも楽しめるチャンネルです。

じゅんやのYouTUbeコメント

動画のタイトルなども英語を使用しているので、海外からのアクセスがスゴイ!

コメントを見に行っても、外国人がかなり多くを占めます。

一方のヒカキンは、特に海外向けに動画投稿していませんので、ある程度の登録者数で飽和状態となりそうですね。

(ただ、日本だけに向けてフォロワー1000万人超えは本当にスゴイですよね)

ちなみに、2022年1月現在2億回再生されているじゅんやの動画がこちらです↓

外国人が好きそうな動画だと思いませんか?

飛行機で海外に行くときに、機内サービスのビデオで「Just for Laughs Gags」という海外のドッキリのようなお笑いチャンネルがあります。

たぶん、国際線に長時間乗ったことのある人は、観たことがあると思います↓

ああいった番組とテイストが近くて、様々な国の人や子供から大人まで笑える内容が、じゅんやの人気の秘密です。

あとは、動画投稿のタイトルに「FUNNY VIDEO」(意味:おもしろおかしい動画)と入れていることで、外国人が検索しやすくなっています。

ちょっと時間がある時に「FUNNY VIDEO」と検索して、じゅんやの動画が見つけられるているみたいですね。

じゅんやが人気の理由②ショート動画

じゅんやのYouTube投稿は、TikTokの動画を流用しているということもあり、1つ1つがとても短いショート動画です。

じゅんやはTikTokerでヒカキン超えのYouTuber

1投稿平均、1〜2分ということもありサクッと観れるし、次々といくつも観ることができます。

そのため、再生回数も簡単に稼ぐことができるのです!

2022年1月現在、じゅんやのYouTubeの総再生回数はたった1年で65億回以上です!

ちなみにヒカキンの動画はたまにショートもありますが、基本的に15分〜30分程度のものが多いですね。

ヒカキンは2011年にチャンネルを開設して、現在までなんと91億回の再生回数です。

ここから、2人のチャンネルがどこまで伸びるか楽しみですね。

じゅんやが人気の理由③圧倒的な供給数

じゅんやのYouTube動画の供給数は、1日につき複数投稿あります。

ヒカキンもかなりマメな投稿で1日1投稿近いですが、じゅんやは多いと1日10本以上ということもあります。

TikTokの流用で、1つ1つの投稿も短いので数多く供給できるのが人気アップの1つの理由でもあります。

さて、じゅんやはここからどこまで登っていくのか楽しみですね!

ゆたぼんが島田紳助に似てる!顔の変化はいつから?喋り方までそっくり! DaiGoと松丸亮吾は不仲な兄弟?兄の発言がヤバい&差別で炎上! コムドットひゅうが&きりたんぽの手繋ぎデート!彼女?距離感がヤバイ!

じゅんやって誰?のまとめ

じゅんや本人についてや、YouTubeでの人気の秘密について解説しました。

YouTube開設たった1年で、登録者数日本一となったじゅんやはスゴイ勢いでしたね。

数字的にじゅんやはヒカキンを超えた部分もありましたが、やはりヒカキンもものすごい!

まだまだ始めたばかりのYouTubeで、今後どこまでのびていくかが楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!